ハゴロモLife

富山に住む子育て会社員が感じたこと、約に立つ情報、仕事、趣味、お金など色々発信する雑記ブログです。

工場で働く人、子育てしている人、資格をとりたい人に情報を発信するブログ


メニュー

仕事_資格_技術

自身の実体験をもとに、仕事の考え方、仕事術、資格に関する情報などを紹介しています。

子育て

2児のパパが子育てについての考え方などに関する情報を紹介しています。

買物_食事_お出かけ

私が実際に買ってよかった商品、食べて美味しかったお店、楽しかった観光スポット、
レジャー施設などに関する情報を紹介しています。

簡単!わかりやすく図で丁寧に説明、テスターの使い方と種類

テスター

ハゴロモ

今回は私が仕事でよく使うテスターの使い方についてご紹介したいと思います。

テスターでよく使う機能として、「電圧測定」「導通検査」があります。誤った使い方を使用するとテスターが壊れることや感電することもあるので、正しい操作方法を知っておきましょう。図をたくさん使用し、分かりやすく説明していきます。

テスターの操作方法だけ知りたい方は目次の「デジタルテスターの使い方」からご覧ください。

 

この記事の目次

 

テスターの用途

デジタル_アナログ_テスター

テスターは直流電圧、交流電圧、抵抗値、直流電流などを測定するときに使用する計器です。ちなみに写真のテスターは直流電流を測定できないタイプです。

JIS(日本工業規格)の規定では直流電流・電圧、交流電流・電圧、抵抗の5種類のうち3種類以上の計測が可能なものをいいます。

おじさん
とある人

おいおい!直流電圧?交流電圧?抵抗値?もう少し簡単に説明してくれよ。

ハゴロモ
ハゴロモ

そうですね…。分かりやすく説明します。

 

表現が正しいか別として例を挙げますと

 【交流測定測定】コンセントに電気がきているか確認したいときに使用

 【直流電圧測定】乾電池の電気を確認したいときに使用

 【抵抗値測定】:配線が断線していないか確認したいときに使用

 

ハゴロモ
ハゴロモ

こんな感じで説明していけば良いですか?

 

おじさん
とある人

う~ん…少しだけ分かったけど、まだ難しく感じるよ。

 

ハゴロモ
ハゴロモ

このあと図をたくさん使用して説明していきます。

 

テスターの種類

デジタル_アナログテスター比較

これは私が家で使っているテスターです。

テスターにはデジタルとアナログの2種類があります。

デジタルテスターは表示がデジタル表示なのですぐに値を読み取ることが可能です。また、高機能なものは周波数や電流測定機能が付いています。最近はデジタルマルチメーター(DMM)と呼ばれています。

アナログテスターは針(メーター)が動くので、針の指す指示値を読み取ります。読み取るのに目盛を見る必要があるので慣れない方は時間がかかりますが、針が動くので手応えがあります。

おじさん
とある人

デジタルとアナログの違いは分かった。使うとすればどっちが良い?

 

ハゴロモ
ハゴロモ

デジタルとアナログは各々に短所、長所があります。
デジタルの方が長所が多いので、デジタルテスターを使い方が多いです。

おじさん
とある人

わかった。じゃ~長所と短所を教えてくれ!

 

デジタルテスターとアナログテスターの違い

デジタルテスターの特徴(長所/短所)

デジタルテスター

【長所】

  • デジタルテスターの方が正確に測定することができる。
  • デジタルテスターの方が機能がたくさん付いている。
  • 導通確認時に、ブザー音で確認することができる。
  • デジタル表示なので数値をすぐ読み取ることができる。

【短所】

  • 数字が表示されるまでの反応時間が遅いテスターがある。
  • 外からのノイズの影響受けやすい。
  • 測定値がふらついた場合、値を読みづらい。

アナログテスターの特徴(長所/短所)

アナログテスター

【長所】

  • 針が動くので、手応えがあり認識しやすい。
  • 適正なレンジでは、反応速度が速い。
  • 外からのノイズに強い。

【短所】

  • 目盛を見る必要があり、値を読み取るのに時間がかかる。
  • 見方により、読み取り誤差が生じる。

どちらも良し悪しがあり、計測の仕方により適正に選ぶのが良いと思います。

おじさん
とある人

そんなこと言うと迷うぞ!両方なんて買えないし。買うならどっちがオススメだ?

ハゴロモ
ハゴロモ

いまはデジタルテスターが主流ですし、これからテスターを使う方や家庭でテスターを使う方は、使いやすいデジタルテスターの方がオススメです。

おじさん
とある人

よし、オススメはデジタルだな。つぎは使い方を具体的に教えてくれ!

ハゴロモ
ハゴロモ

使い方を説明する前に、テスターの各部の名称や役割を説明させてください。

テスターの各部名称および役割

テスターの種類によって異なりますが、基本的な部分は変わりませんので私が持っているテスターで説明します。

デジタルテスターの各部名称と役割

f:id:takesi01171010:20180725045315j:plain

【リード棒】

 測定する箇所に当てます。赤が「-」、黒が「+」です。テストピンとも呼びます。

【液晶表示部】

 測定した結果が表示されます。

【ファンクションスイッチ】

 このスイッチを回して、電源の入切、電圧測定、抵抗測定を選びます。

アナログテスターの各部名称と役割

f:id:takesi01171010:20180725052945j:plain

【リード棒】

 測定する箇所に当てます。赤が「-」、黒が「+」です。テストピンとも呼びます。

【目盛板】

 針が動き、測定結果を示します。

【レンジ切替スイッチ】

 このスイッチを回して、電源の入切、電圧測定、抵抗測定等を選びます。

ハゴロモ
ハゴロモ

注意点としてテスターの測定がおかしいときは、電池切れの原因もあるので、電池切れに注意してください。デジタルテスターは液晶表示にバッテリーマークが表示されすモノが多いです。

デジタルテスターの使い方

テスターを使用している人で実際に点検している人は少ないかもしれませんが、まず始業点検を行います。

始業点検

f:id:takesi01171010:20180726053116j:plain

1.リード棒(テストピン)が断線していないかファンクションスイッチを「Ω」の抵抗測定レンジにします。

f:id:takesi01171010:20180726053201j:plain

2.赤と黒のリード棒(テストピン)をショートさせます。

f:id:takesi01171010:20180726053235j:plain

3.表示が0.00~0.004になっていることを確認します。

0.00~0.04内だとリード棒が断線していないことが確認できます。大きい値の場合は断線している可能性があり、修理が必要です。

 

交流電圧測定

例:コンセントの電圧を確認したい場合

f:id:takesi01171010:20180726053556j:plain

1.ファンクションスイッチを「V~」の交流電圧測定レンジにします。

f:id:takesi01171010:20180726053858j:plain

2.交流は+、-の極性が関係ないので、気にせずリード棒をコンセントに差し込みます。

f:id:takesi01171010:20180726053816j:plain

3.表示された測定値を読み取ります。写真の場合だと103.4Vです。電気がきている(電圧がかかっている)ことが分かります。

f:id:takesi01171010:20180726053736j:plain

電圧がかかっていない時は表示が写真のように0.88Vなど低い値を示します。0Vという表示にはなりません。

 

直流電圧測定

例:乾電池の電圧を測定したい場合

f:id:takesi01171010:20180726054718j:plain

1.ファンクションスイッチを「V_」の直流電圧測定レンジにします。

f:id:takesi01171010:20180726054909j:plain

2.赤色のリード棒を電池の+側に、黒色のリード棒を電池の-側に接続します。

f:id:takesi01171010:20180726055051j:plain

3.表示された測定値を読み取ります。

一般的によく使用される乾電池で新品の状態であれば1.5Vほどの値が表示されます。充電池は充電された状態で1.2Vほどです。

ハゴロモ
ハゴロモ

電池の消耗を抑えるため、すばやく測定してください。

 

抵抗測定

例:ケーブルなどの配線が断線していないか確認したい場合

f:id:takesi01171010:20180726060024j:plain

断線の確方法は写真の短い電線で使い方を説明していきます。

ハゴロモ
ハゴロモ

実際に抵抗測定を行う時は電圧が加わっていない時に測定してください。職場で電圧が加わっている時に測定してテスターのヒューズを切ったり、ブレーカーを落とした人がいます。

抵抗測定レンジ

1.ファンクションスイッチを「Ω」の抵抗測定レンジにします。

f:id:takesi01171010:20180726060457j:plain

2.電線に赤と黒のリード棒を当てます。

f:id:takesi01171010:20180726060708j:plain

3.表示が0Ω付近になっていることを確認します。

0Ω付近だと断線していないこと(導通している)が確認できます。

抵抗値が小さい(0Ωに近い)=断線していない。

抵抗値が大きい=断線していると判断します。

また、「Ω」レンジ右横の「ブザー」レンジを選ぶと、導通している場合は「ピー」という音がでるので、目でテスター表示を見なくても音で判断できます。

 

例:スピーカーが断線していないか確認する場合

f:id:takesi01171010:20180727052017j:plain

部品が故障しているか判断するときにも抵抗測定を行います。ここではスピーカーを例に説明していきます。

色は違いますが、同じスピーカーです。左が新品、右が故障しているスピーカーです。

 新旧スピーカー

新品のスピーカーのインピーダンスは8Ωです。インピーダンスは抵抗とお考えください。インピーダンスと抵抗値の違いについては別の機会に説明します。

ハゴロモ
ハゴロモ

では、新品のスピーカ-を測定してみます。

 

抵抗測定レンジ

1.ファンクションスイッチを「Ω」の抵抗測定レンジにします。

新品スピーカー測定

2.スピーカーの電線を接続する箇所に赤と黒のリード棒を当てます。

新品の場合は紙(仕様書)に記載されている通り、8Ω付近の値を示します。これは正常と判断できます。

ハゴロモ
ハゴロモ

次に故障しているスピーカーを測定します。

 

故障スピーカー測定

抵抗値は11.29MΩを示しました。これは断線と判断できます。実際にこのスピーカーは音を発することができませんでした。こういった場合は交換です。

おじさん
とある人

なるほど、そうやって使うのか!じゃ~早速やってみるよ。

ハゴロモ
ハゴロモ

ちょっと待ってください。アナログテスターの使い方も聞いてください。

 

アナログテスターの使い方

デジタルテスター同様、まず始業点検を行います。

始業点検

f:id:takesi01171010:20180728062603j:plain

1.リード棒(テストピン)が断線していないかレンジ切替つまみを「Ω」の抵抗測定レンジにします。

f:id:takesi01171010:20180728062656j:plain

 

2.赤と黒のリード棒(テストピン)をショートします。

 

f:id:takesi01171010:20180728062828j:plain

3.指針が大きく右に振れたら異常なしです。振れない場合はヒューズまたは電池を交換して再度「1」かやり直してください。

おじさん
とある人

ん?上の写真だど指針が右端(0Ω)まで振れてないけどいいの?

 

ハゴロモ
ハゴロモ

おぉ!視点が鋭いですね。抵抗測定前で指針がずれている場合は調整します。

 

0Ω調整

f:id:takesi01171010:20180728063708j:plain

赤と黒のリード棒(テストピン)をショートさせて指針が0Ωを指さない場合は0Ω調整のつまみを回して0Ωを指すように調整します。写真の場合だともう少し右に指針を移動させたいので、0Ω調整つまみ「0ΩADJ」を右に少しだけ回します。

0Ω調整はリード棒(テストピン)をショートした状態で行います。

交流電圧測定

f:id:takesi01171010:20180728065323j:plain

1.レンジ切替スイッチを「AC V」の適当なレンジに設定します。

日本の家庭用コンセントの場合は100Vなので「AC250Vレンジ」に設定します。

f:id:takesi01171010:20180728065452j:plain

2.交流は+、-の極性が関係ないので、気にせずリード棒をコンセントに差し込みます。

私が使用しているこのテスターはリード棒に脱着式キャップがついているため、このままではコンセントの口に入りません。

f:id:takesi01171010:20180728065920j:plain

キャップを外す必要があるのでキャップを引っ張り、外します。

f:id:takesi01171010:20180728070125j:plain

これでコンセントの口にリード棒を差し込めるようになりました。

f:id:takesi01171010:20180728072401j:plain

3.測定値をACV目盛(赤色)で読み取ります。

250Vレンジに設定した場合は右端が250Vです。指針が指しているところは100Vぐらいなので、コンセントにかかっている電圧が100Vで、今電気がきていることがわかります。

直流電圧測定

例:乾電池の電圧を確認したい場合

f:id:takesi01171010:20180728071623j:plain

1.レンジ切替スイッチを「DC V」の適当なレンジに設定します。

f:id:takesi01171010:20180728071702j:plain

2.赤色のリード棒を電池の+側に、黒色のリード棒を電池の-側に接続します。

f:id:takesi01171010:20180728072139j:plain

3.測定値をDCV目盛(黒色)で読み取ります。

指針が指しているところは1.5Vぐらいなので、乾電池の電圧が1.5Vであることが分かります。

電池電圧測定

直流電圧測定でも可能ですが、電池電圧測定を使用すれば楽に電池の状態を判断できます。機種によってはこの機能がないテスターもあります。

f:id:takesi01171010:20180728072624j:plain

1.単三や単四の1.5V電池の場合はバッテリテストレンジを1.5Vにします。

f:id:takesi01171010:20180728071702j:plain

2.赤色のリード棒を電池の+側に、黒色のリード棒を電池の-側に接続します。

f:id:takesi01171010:20180728073133j:plain

3.指示をBAD、GOOD目盛で判断します。上の写真では指針が「GOOD」を指しているので電池はまだ使用できることが判断できます。

 電池の消耗を抑えるため、すばやく測定してください。

 

抵抗測定

例:ケーブルなどの配線が断線していないか確認したい場合

f:id:takesi01171010:20180728063708j:plain

1.レンジ切替スイッチを「Ω」の適当なレンジに設定し、赤と黒のリード棒(テストピン)をショートして0Ω調整を行います。0Ω調整方法はアナログテスターの始業点検に記載してあります。

f:id:takesi01171010:20180726060457j:plain

2.赤と黒のリード棒を当てます。

f:id:takesi01171010:20180728074733j:plain

3.表示が0Ω付近になっていることを確認します。

0Ω付近だと断線していないこと(導通している)が確認できます。

抵抗値が小さい(0Ωに近い)=断線していない。

抵抗値が大きい=断線していると判断します。

ハゴロモ
ハゴロモ

長くなりましたが、以上で説明は終わりです。お疲れ様でした。

 

おじさん
とある人

詳しく説明してくれてありがとう!まだ消化できてないけど、とりあえずテスター買ってやってみるよ

ハゴロモ
ハゴロモ

分からないところがありましたら、この記事を読み返すか、私に聞いてください。

まとめ

  • テスターはアナログとデジタルの2種類
  • どちらも長所/短所があり、計測の仕方によって使い分ける
  • これから使う方はデジタルテスターがオススメ
  • 抵抗測定は電圧が加わっていない時に測定する

f:id:takesi01171010:20180227232508p:plain