ハゴロモLife

富山に住む子育て会社員が感じたこと、約に立つ情報、仕事、趣味、お金など色々発信する雑記ブログです。

工場で働く人、子育てしている人、資格をとりたい人に情報を発信するブログ


メニュー

仕事_資格_技術

自身の実体験をもとに、仕事の考え方、仕事術、資格に関する情報などを紹介しています。

子育て

2児のパパが子育てについての考え方などに関する情報を紹介しています。

買物_食事_お出かけ

私が実際に買ってよかった商品、食べて美味しかったお店、楽しかった観光スポット、
レジャー施設などに関する情報を紹介しています。

あなたは知ってる?六角棒レンチの正しい使い方

 

 

レンチ棒

ハゴロモ
ハゴロモ

六角棒レンチって使ったことありますよね?

 

家具などを組み立てる時に、六角棒レンチを使わなければいけないので、ほとんどの人が使用した経験があると思います。私は仕事上で良く使うことがあります、今回は意外と知られていない六角棒レンチの正しい使い方について紹介したいと思います。

おじさん
 

レンチって、ただ回すだけでしょ?

って思っている方、ご一読ください。ちょっとだけ役に立ちます。

使い方だけ知りたい方は「L形棒レンチの使い方」をお読みください。

 

目次

 

六角棒レンチの用途

f:id:takesi01171010:20180521223220j:plain

六角棒レンチは六角穴付きボルトや六角穴付き止めねじを締め付けたり、緩めたりする
ための工具です。家具、自転車、生産機器などでよく使用されます。また、色々な呼び方があり、「レンチ棒」、「六角レンチ」、「ヘキサゴンレンチ」などと呼ばれています。

六角棒レンチの種類

f:id:takesi01171010:20180521232240p:plain

ほかにも種類がありますが、今回は3種類ご紹介させていただきます。

【L形タイプ】

L形タイプは持ち手がLの形状をしています。主として使われるのがL形のタイプです。どのお家にも1本はあるのでは? 

【T形タイプ】

T形タイプは持ち手がTの形状をしています。力をかけやすいです。

【ドライバータイプ】

ドライバータイプは持ち手がプラスやマイナスドライバーと同じ形状で握りやすいのが特徴です。押しながら回すことができるので楽です。

 

L形棒レンチの種類

レンチ棒_長さ

長さはスタンダードとロングタイプがあります。

レンチ棒_ボールポイント

六角先端形状により、普通タイプとボールポイントタイプがあります。

レンチ棒_角度

ボールポイントタイプは先端に加工されており、約30度の角度を付けて使用でき、早く回すことができて楽です。ふつうタイプは角度を付けて使用するとネジの穴がダメになってしまいます。ふつうタイプはボルトの軸方向からまっすぐに挿入して回します。

 

L形棒レンチの使い方

1番使われるL形棒レンチについて説明します。

レンチ棒

 

1.上記の短い方を持って早回しをする。

2.長い方を持って本締めや緩めに使用します。

※ボールポイントタイプの加工してある先端部分は本締めには適しません。

ハゴロモ
ハゴロモ

 長い方を持つと、本締めや緩める時に力が入りやすいです。もし、錆び付いたボルトを緩めたいときに、なかなか外れない時は潤滑剤をつけたり、ハンマー等で軽く叩いたりすると緩めることができます。

棒レンチを使用するときの注意点

ただ回すだけのレンチ棒かもしれませんが、使用するときは気をつけることがあります。

  •  亀裂がある棒レンチは使用しないで下さい。使用すると破損する恐れがあります。

      f:id:takesi01171010:20180523001129p:plain

  • 六角穴付ボルトの奥まで完全に挿入し、押しつけながら使用して下さい。隙間がある状態で力を入れすぎると棒レンチが外れる場合がありますので注意する必要があります。
  • 手の力で回らないからといって、ハンマーなどで棒レンチに衝撃を加えないで下さい。棒レンチに打痕や亀裂などが入り、破損の原因となる場合があります。

私が自宅で使っている棒レンチ

レンチ棒セット_自宅用

上の写真は私が自宅で使っているL形棒レンチセットです。ダイソーで300円(税抜)で購入しました。

購入する前は家具などについてきたレンチ棒を使ったいましたが、どこに置いたか忘れてしまったり、短いサイズばかりでしたので、セットを購入しました。300円という安い値段ですが、今のところ使用頻度も多くないので問題はありません。

ちなみに会社ではTONEのボールポイントタイプのL形棒レンチセットを使用しています。

 

まとめ

六角棒レンチの使い方、いかがでしたか?今後使う機会がある時はただ回すだけでなく、短い方と長い方を使い分けてみてください。これであなたも六角棒レンチマスターです。

ハゴロモ