ハゴロモLife

富山に住む子育て会社員が感じたこと、約に立つ情報、仕事、趣味、お金など色々発信する雑記ブログです。

富山に住む子育て会社員が仕事、資格、子育て、お出かけ、買った良かった商品など役に立つ情報を色々発信する雑記ブログです。


メニュー

仕事_資格_技術

自身の実体験をもとに、仕事の考え方、仕事術、資格に関する情報などを紹介しています。

子育て

2児のパパが子育てについての考え方などに関する情報を紹介しています。

買物_食事_お出かけ

私が実際に買ってよかった商品、食べて美味しかったお店、楽しかった観光スポット、
レジャー施設などに関する情報を紹介しています。

カギを置き忘れる人必見、マグネットキーフック を購入し、使ってみた

キーフック

 

こんにちわ。ハゴロモです。

ハゴロモ
ハゴロモ

みなさん、車や家のカギをどこに置いたか忘れたことはありませんか?

 

私はどこに置いたか思い出せずに、探すことがあります。これがまた時間のないときに起こるんです。余計に焦ります。

一応、置き場所を決めていましたが、ケースを置いていただけなので、ルールも守れずに同じことを繰り返してました。

今回は定位置化するためにマグネットキーフックを購入しましたので、ご紹介をします。

 

目次

 

カギなどのモノを置き忘れる原因

カギなどモノの定位置が決まっていないことが原因です。

戻す場所が決まっていない場合は

ハゴロモ
ハゴロモ

とりあえず、ここに置いておこう

 

と適当な場所に置きます。

そうすると、人間は忘れやすい生き物なので、しばらくすると

ハゴロモ
ハゴロモ

あれっ?ここにカギを置いたはずなのに…ないぞ!

 

という感じで探すことになります。

置く場所が決まっていると探さなくて済みます。これが定位置化です。

(会社で5Sとして習いますよね)

 最初は大きいケースの中にカギを入れていた

f:id:takesi01171010:20180515214851j:plain

ハゴロモ家では車のカギ、家の鍵、印鑑、ボールペンなど、上の写真の箱に定位置として入れていました。何でも入れてると下に置かれたモノが取り出しにくくなり、次第に置かなくなりました。そして、また置き忘れが発生。定位置化だけでなく、量も考える必要がありました。

スッキリできる道具はないか…そんなときにネットでキーフックを見つけました。

山崎実業「マグネット付キーフック リン」を購入した

山崎実業キーフック

 上の写真が今回購入した山崎実業のキーフックです。山崎実業はオシャレなインテリア雑貨が多いです。実物を見たかったので今回は富山市内の雑貨にて「ナチュラル色」を購入しました。価格は2,000円(税別)でした。

メーカー 山崎実業
カラー ナチュラル、ブラウン
製品重量 約280グラム
製品サイズ 高さ:95mm 幅:300mm 奥行き:30mm 幅:180mm

f:id:takesi01171010:20180515232838j:plain

上の収納部分には判子やカード、ボールペンを入れることができます。

取り付け方法について

取り付け方法は2つあります。

  1. マグネットで玄関ドアや冷蔵庫などの金属部分に取り付ける。
  2. 壁に木ネジで取り付ける。

私は壁に木ネジで取り付けました。

1.マグネットで玄関ドアや冷蔵庫に取り付ける

玄関_キーフック

金属部分であればマグネットを貼るだけですぐに終わります。ただ、私的には玄関ドアを開けたときに、外からやってきた人に丸見えであり、最悪の場合カギが盗まれそうという理由から玄関ドアにマグネットを使用しませんでした。また、冷蔵庫は子供の献立表やタイマーが設置されているので候補外でした。 動線を考慮すると玄関付近に収納するのが良いと思います。賃貸物件や壁に穴をあけたくない方はマグネットです。

2.壁に木ネジで取り付ける。

f:id:takesi01171010:20180515232515j:plain

私は壁に木ネジで固定する方法を選びました。重量物ではありませんが、説明書に下地に固定する旨が記載されていたので、壁の下地を探し、キーフックを固定しました。

下地に固定するとは

下地説明

家の内壁は上図のように石膏ボード、木(下地)が一般的です。石膏ボードのみで取り付ける場合は強度が弱いので重量物などを設置するときは注意する必要があります。

そんなときに使用するのが

「下地どこ太」です。価格は900円程度です。

下地どこ太

デメリットとしては壁に小さな穴があきます嫌な方は下地センサーを購入すると良いです。価格は1,800円~です。私は仕事で使うときがありますが、そのときは下地センサーを使っています。

 

下地どこ太の使い方

下地どこ太を壁に差し込みます。下地がなければ奥まで針が入り、手ごたえがありません。

下地探し1

下地があれば針に手ごたえがあります。

下地探し2

以上の手順で下地を探します。

キーフックを取り付けてみた

1.まずは下地探しです。

f:id:takesi01171010:20180515232603j:plain

2.下地の位置が分かったら、上下ずれないように定規でしっかり、位置を決めて、木ネジをプラスドライバーでねじこみます。木ネジはキーフックをひっかけるために壁から5mmほど、浮かせます。

f:id:takesi01171010:20180515225353j:plain

3.キーフックを木ネジに引っ掛けます。

f:id:takesi01171010:20180515225406j:plain

4.カギを取り付けて完成です。

f:id:takesi01171010:20180515223934j:plain

作業時間は約30分ほどでした。

 

まとめ

いかがでしたか?スッキリとカギを収納できるようになりました。定位置化重要です。結果として私はキーフックを購入して満足しています。いまのところ毎日フックにカギをかけていますよ。置き忘れもありません。

置き場所に困っている方やオシャレに収納したい方はキーフックを購入してみると、良いと思います。

ハゴロモ