ハゴロモLife

富山に住む子育て会社員が感じたこと、約に立つ情報、仕事、趣味、お金など色々発信する雑記ブログです。

富山に住む子育て会社員が仕事、資格、子育て、お出かけ、買った良かった商品など役に立つ情報を色々発信する雑記ブログです。


メニュー

仕事_資格_技術

自身の実体験をもとに、仕事の考え方、仕事術、資格に関する情報などを紹介しています。

子育て

2児のパパが子育てについての考え方などに関する情報を紹介しています。

買物_食事_お出かけ

私が実際に買ってよかった商品、食べて美味しかったお店、楽しかった観光スポット、
レジャー施設などに関する情報を紹介しています。

知らないと怖い!子供の大学教育資金、いくら必要か調べてみた。

f:id:takesi01171010:20180421235936j:plain

ハゴロモ

 

会社の上司と世間話をしていると

こんな話になりました。

上司
上司

ハゴロモ、聞いてくれよ。息子が大学に進学したから生活が苦しいよ。 残業もつかないし、ホントに副業しないといけないよ。

ハゴロモ
ハゴロモ

そうなんですか。大学ってお金がかかるんですね。

ハゴロモ
ハゴロモ

あなたの給料で苦しかったら、私はどーなるの?

 

そんな話を聞いたら、私は心配になってきましたよ。私自身、大学を卒業しておらず、短大卒なんです。いくらかかるか把握しておりません。

ただ、当時を思い返してみると…親は大変だったと思います。親には感謝しています。

今度は自分の番です。子供が進学するとき、お金が原因で進路を決めるなんてかわいそうです。

前置きが長くなり、スイマセン。

そう言った理由があったので調べてみました。

 

 

目次

 

大学の必要教育資金目安

下記に大学ごとの必要教育資金を表にしました。

私、富山県在住ですので、富山県内の大学が記載されています。

 

私、なめてました。驚く金額でした。

 

1.文科系大学の必要教育資金

大学名 学部名 入学金 年間授業料 4年間の授業料 合計
富山大学 経済 282,000円 535,800円 2,143,200円 2,425,200円
富山国際大学 国際 300,000円 831,000円 3,324,000円 3,500,000円
東京大学 法律 282,000円 535,800円 2,143,000円 2,425,200円
早稲田 政治経済 290,000円 946,500円 3,786,000円 4,076,000円

やはり国立は安いということが分かります。

しかし、この表に書かれている金額は入学金と授業料のみですので

実際には通学費やお小遣いがかかってきます。

さらに県外の大学や自宅外になると家具、家賃、生活費がかかってきます。

 

2.理科系大学の必要教育資金

大学名 学部名 入学金 年間授業料 4年間の授業料 合計
富山大学 282,000円 535,800円 2,143,200円 2,425,200円
富山県立大学 188,000円 535,800円 2,143,200円 2,331,200円
東京大学 理科 282,000円 535,800円 2,143,000円 2,425,200円
早稲田 理工 290,000円 1,452,000円 6,098,000円 4,076,000円

私がお世話になっているファイナンシャルプランナーの方から

理科系に進学した場合、約50%の可能性で大学院へ進学するとのことです。

さらに金額が増えます。

 

また、文学系、理科系問わず、都会に進学した場合は4年間で1,200万円ほどのお金が

必要とのことです。1,200万ってすごい金額。都会に行きたいって言われたらどうしよう……。

 

3.医科、薬学系大学の必要教育資金

大学名 学部名 入学金 年間授業料 6年間の授業料 合計
富山大学 282,000円 535,800円 3,214,800円 3,496,800円
富山大学 282,000円 535,800円 3,214,800円 3,496,800円
金沢医科大学 2,000,000円 9,000,000円 54,000,000円 56,000,000円
日本大学 1,000,000円 4,350,000円 26,100,000円 27,100,000円
日本大学 400,000円 2,050,000円 12,300,000円 12,700,000円

期間が6年間という理由もありますので、金額が違いますね。授業料だけでこの金額です。恐ろしい。医者は医者の家系しかなれないという話を聞きますが、その通りでした。

子供たちよ、ごめんよ。ハゴロモ家は無理です。まぁ、お金の問題以前に学力の問題がありますけどね。 

 

4.その他

色々発生する費用があります。

・仮に県外や一人暮らしをした場合、家賃のほかに、敷金、礼金、紹介手数料、

更新手数料、火災保険などが必要です。

・自宅から通うにしても、通学費が発生します。車で通学するとなれば車の税金、

車検代、メンテナンス代などが必要です。

 

ハゴロモ
ハゴロモ

う~ん、気が重くなります。現実から目をそむけたいです。

 

お金

どれぐらい貯金すれば良いのか(最低金額)

こちらもファイナンシャルプランナーに聞きました。

子供の高校卒業までに

1人あたりに700万円の教育資金を貯めておく。

この金額は最低金額と言われました。

 

私の友人や会社の後輩に奨学金の返済で30代になってもお金を返している人がいます。

金額は3万~5万です。そんなに払ってたら、やはり厳しいみたいです。

 

無理をしてでも大学行きたいというなら奨学金や教育ローンでもいいかもしれませんが、私は子供に負担をかけたくないので、なんとかしたいと思います。

 

まとめ

・地元の大学へ進学すると最低400万円かかる。

・都会の大学へ進学すると最低1,200万円かかる。

・700万円貯めておけば何とかなる。

早い時期から教育資金を準備する。

 

いかかでしたか?大学に行くための教育資金って大きいですね。

上司が困っているのも納得できました。

自分が年をとったときに困らないよう、今のうちから毎月積み立てを開始しました。

積立を開始した理由は私のエゴかもしれませんが、お金がないという理由で子供の可能

性を減らしたくないと思ったからです。

 

子育てしている方々、お互い大変だと思いますが、一緒に頑張って行きましよう。

ハゴロモ